Benz 車種別取り付け方法

ベンツ W222(S550)のメイン、サブバッテリーの交換をしました

更新日:

今日は、輸入車ではベンツW222(S550)のバッテリー交換作業がありました。W222になって、ハイブリッドモデルの方が台数が多く感じられる中、メインバッテリーの搭載場所やバックアップ用のサブバッテリー周りなど、ハイブリッドモデルとの違いを学習させていただきました。

ベンツW222(S550)のメインバッテリー交換

ベンツ W222 S550 バッテリー交換

運転席足元のOBDⅡコネクターからバックアップを取りましたら、早速作業に取り掛かります。メインバッテリーの搭載場所は、このモデル(S550)の場合、トランクフロア下になります。後ほど、サブバッテリー交換の際に右リアフェンダーの内張りの取り外しがありますので、○印2箇所のビスを取り外します。トルクスが必要になります。

ベンツ W222 S550 バッテリー交換

同じ理由で、今のうちにトランククロージャーのカバーも取り外しておきます。○印裏あたりにファスナーがあります。固定されてるのは、この画像では見えませんが、内側にプッシュリベットが2箇所ありますので、これを外して上方向に持ち上げるようにすると外すことが出来ます。メインバッテリーだけの交換作業でしたら必要ありません。

ベンツ W222 S550 バッテリー交換

メインバッテリーはこの場所に搭載されています。このVRLA表記のあるベンツ純正AGMバッテリーには、ブライトスターですと「AGM 92-L5」が適合製品になります。

ベンツ W222 S550 バッテリー交換

メインバッテリーが固定されているのはこの3箇所のナットです。これらを外せば固定ステーごと取り外せます。

ベンツ W222 S550 バッテリー交換

旧バッテリーを取り外し、新バッテリーを元あったように取り付けます。重量(30kg以上)を除けば、比較的簡単な部類に入るバッテリー交換作業です。

Brite Star AGM 92-L5 ¥35,000(税込、工賃 メイン、サブ含¥7,560)

ベンツW222(S550)のサブバッテリー交換

ベンツ W222 S550 バッテリー交換

バックアップ用のサブバッテリーは、このヒューズボックス横に搭載されていますので、右リアフェンダーの内張りを取り外す必要があります。○印2箇所のプッシュリベットと荷掛フックを外しておきます。シガーソケット裏のカプラーも抜いておきます。

ベンツ W222 S550 バッテリー交換

室内灯の両サイド2箇所にもリベットがあります。室内灯裏のカプラーも抜いておいた方が無難です。

ベンツ W222 S550 バッテリー交換

このままではサブバッテリー上のふたが開けられませんので、ヒューズボックス全体が固定されてる3箇所のナットを外し、ヒューズボックスとサブバッテリーボックスを切り離しておきます。サブバッテリーボックス下のツメを起こし、手前方向にバッテリーケースをスライドさせてサブバッテリーの脱着スペースを確保します。

ベンツ W222 S550 バッテリー交換

このモデル(S550)ではサブバッテリー上の何かのモジュール?がありました。脱着スペースに邪魔でしたので、一旦取り外して吊っておきました。バッテリーケースから12Ahサブバッテリーを取り出し、元あったように取り付けてやればサブバッテリーの交換作業は終了です。

VARTA AGM VTX14-BS ¥10,800(税込)

通販のご注文は、公式サイトの ご注文フォームよりお願い申し上げます。また、ご来店のご予約は、こちらのページの要領でご予約をお願い申し上げます。

 

-Benz, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.