国産車 車種別取り付け方法

ノート e-power 12V バッテリー交換をしました

更新日:

今日は、ノート e-power のバッテリー交換作業がありました。お車がまだ新しいのでお客様にお話を伺うと、ご事情でお車に乗られない期間が数ヶ月間あってバッテリーが上がりでご来店いただいたとのことでした。

ノート e-power 12V バッテリー交換

ノート e-power バッテリー交換

D型ハンドルが「e-power」の証?ごめんなさい。勉強不足です(汗)

ノート e-power バッテリー交換

いつものように、最初に運転席足元のOBDⅡコネクターからバックアップを取っておきます。

ノート バッテリー交換

e-powerではないモデルでは、アイドリングストップ機能付車用の「Q-85」型式のバッテリーがエンジンルーム内に搭載されますが・・・。

ノート NOTE e-power バッテリー上がり バッテリー 交換 方法 値段 取付

e-powerのバッテリー搭載位置はトランクフロア下になりますのでフロアボードを取り外しておきます。

ノート e-power バッテリー交換

e-powerのバッテリーは、国産車用バッテリーのJIS規格のバッテリーではなく、欧州規格のバッテリーが採用されています。国産車用のJIS規格のバッテリーは装着出来ません。DIN規格の欧州車用バッテリーになりますのでご注意ください。

50系プリウス等もそうですが、近年は日本車であっても欧州規格のバッテリーを採用する車が増えて来ました。自動車メーカーさんも、グローバル戦略で輸出メインと考えられてるのではないでしょうか。

ノート e-power バッテリー交換

標準搭載されるバッテリーは、一般にL2サイズと言われるもので、本体寸法の「高さ×長さ×幅」が「190mm×245mm×175mm」で、端子レイアウトは「L」であることを意味します。これにはブライトスターでは「SMF 56219」が適合、該当いたします。もちろん、室内搭載車用の排気ホース(ガス抜き用)もそのまま新バッテリーに差し込んでご使用いただけます。

ノート NOTE e-power バッテリー上がり バッテリー 交換 方法 値段 取付

車載工具収納トレー(発泡スチロール製)を取り外して作業にとりかかります。欧州規格のバッテリーとは言え、バッテリーの交換方法は至って簡単です。工具も10mmのスパナが1本あれば交換作業が可能です。

ノート NOTE e-power バッテリー上がり バッテリー 交換 方法 値段 取付

純正装着されてるバッテリーは「12V-L2 60Ah 510A 」アトラス社のOEM製品です。

ノート NOTE e-power バッテリー上がり バッテリー 交換 方法 値段 取付

旧バッテリーを取り外したら新バッテリーを元あったように取り付けていきます。プラスターミナルに保護カバーがありますので、上の画像のようにほんの少しだけ時計周りの方向(右回り)にオフセットさせてバッテリー本体の淵とターミナルに装着されてるヒューズボックスの間に数ミリの隙間をあけておくと保護カバーがパチッと入りやすいです。

ノート e-power バッテリー交換

元あったように新バッテリーを取り付けていきます。

ノート e-power バッテリー交換

新旧バッテリーの比較画像です。本体寸法、筐体形状、端子レイアウトを含めまったく同じなのがおわかりいただけると思います。

 

ノート e-power バッテリー交換

因みに、ノート e-power ではボンネット内にジャンピング接続出来る箇所がありますので、ここからバックアップ電源に接続することも可能です。ただ、画像のように場所が場所だけにちょっとやりにくいと思います。

この12Vバッテリーがダメになりますと、システムそのものが起動しなくなりますのでもちろん走行することも出来ません。ストップ&ゴーの多いお車の使われ方をされるオーナー様ほどバッテリー寿命が短い傾向にあるようですので、3~4年を目安にお早めに交換されることをお薦めいたします。

Brite Star SMF 56219 62Ah ¥15,000(税込)工賃\2,200

通販のご注文は、公式サイトの ご注文フォームよりお願い申し上げます。また、ご来店のご予約は、こちらのページの要領でご予約をお願い申し上げます。

-国産車, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.