BMW 車種別取り付け方法

BMW 523d(F10)のバッテリー交換をしました

更新日:

今日は、BMW F10のバッテリー交換作業がありました。ツーリングモデルのF11を合わせると今月だけでも何台目でしょうか。この523dに限らず、なぜか当店では同じ車のバッテリー交換作業が続くことが多いです。きっとお車を買われてるタイミングがオーナー様でそんなに変らなくて、バッテリーがダメになるタイミングも同じ傾向にあるのだと思います。

BMW F10のバッテリー交換

BMW 523d F10 バッテリー交換

この画像はボンネットを閉じていますが、当店ではBMWの場合はエンジンルーム内のプラス電源からバックアップを取って作業にかかります。

BMW 523d F10 バッテリー交換

最初に、4箇所のプッシュリベットを全て外しておきます。E39の頃からそうですが、BMWのプッシュリベットは作りがいまいちで、外そうとしたら既に割れていたり、そうでなくともリムーバーをあてた瞬間に割れたりと、他メーカー製と比べて強度が弱いだけでなく、経年劣化も早いように思います。そういった部品ですので「これでもか!」ってくらい慎重に外していきます。このプッシュリベットを外せばこのカバー部分は上方向に持ち上げるだけで簡単に外すことが出来ます。

BMW 523d F10 バッテリー交換

トランクルームの2箇所のプラスチック製のナット(10mm)を外します。これで、フロアカバーと小物入れ部分を外すことが出来ます。

BMW 523d F10 バッテリー交換

フロアカバーを外すとバッテリーは見えますがこの状態ではバッテリー本体を取り外すことは出来ません。手前の小物入れ部分全体を取り外す必要があります。ですので、セダンモデルの場合は一番最初に4箇所のプッシュリベットを外し、クロージャー部分のカバーを外しておく・・・といった作業が必要になるのがおわかりいただけたと思います。

BMW 523d F10 バッテリー交換

後は、ツーリングモデルのF11と同じです。一見すると、画像2箇所のボルトを外せばバッテリー本体が外せるように見えますが・・・。

BMW 523d F10 バッテリー交換

実は、プラスターミナル下のこの部分と・・・

BMW 523d F10 バッテリー交換

マイナスターミナル下のこの部分でも車体に固定されています。どちらも奥まった箇所になりますので、200mmくらいの長さのあるエクステンションやT字レンチ等の工具が必要になります。

BMW 523d F10 バッテリー交換

プラスターミナルは集束ハーネスのボックスになっていますが、ターミナルが固定されているのはこの1箇所のみです。プラス側の側面には排気ホースもありますので、これもバッテリー本体から抜いておきます。

BMW 523d F10 バッテリー交換

集束ハーネスのボックスは、このようにマイナスドライバーで押し広げるようにしてやるとバッテリー側面にひっかかっているツメ部分が外れる構造になっています。

BMW 523d F10 バッテリー交換

バッテリー本体を車体から取り外したところです。523dで採用されている105AhのAGMバッテリーは、ゆうに30kg以上ありますのでご留意ください。

BMW 523d F10 バッテリー交換

元あったように車体に取り付けていけば、バッテリー交換作業は終了です。

Brite Star AGM 105-L6 105Ah ¥38,000(税込、工賃¥3,240)

このバッテリーは、ディーゼルの523d用です。ガソリン車では適合バッテリーが異なりますのでご注意ください。

通販のご注文は、公式サイトの ご注文フォームよりお願い申し上げます。また、ご来店のご予約は、こちらのページの要領でご予約をお願い申し上げます。

-BMW, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.