Jaguar 車種別取り付け方法

ジャガーXタイプのバッテリー交換をしました

更新日:

今日は、輸入車ではジャガーXタイプのバッテリー交換作業がありました。

ジャガーXタイプのバッテリー交換

ジャガー Xタイプ バッテリー交換

最初に運転席足元のOBDⅡコネクターでバックアップを取っておきます。ジャガーは全てのモデルで運転席足元辺りにOBDⅡコネクターがあります。

バッテリー搭載位置はエンジンルーム内のこの位置になります。バッテリーにカバーが被さっているのでこのカバーを外します。

バッテリー本体は国産車と同じようにバッテリー上面で固定ステーで収納ケースに固定されています。10mmのスパナが1本あれば事足りますので、輸入車としてはバッテリー交換作業が比較的簡単な部類の車になります。

ジャガー Xタイプ バッテリー交換

具体的な作業方法、手順は以下の通りです。

  1. 旧バッテリー短側面の排気ホースを抜いておく。
  2. 2箇所のナット(10mm)を外し、バッテリー上面の固定ステーを外す。
  3. マイナスターミナルを外す(10mm)
  4. プラスターミナルを外す(10mm)

ジャガー Xタイプ バッテリー交換

これで、バッテリー本体を上方向に持ち上げれば車からバッテリー本体を取り外すことが出来ます。

ジャガー Xタイプ バッテリー交換

旧バッテリーを車両から取り外したところの画像です。

ジャガー Xタイプ バッテリー交換

新バッテリーを収納ケースに固定し、両方のターミナルを取り付け、排気ホースを差込み、元あったようにカバーを取り付けてやればバッテリー交換作業終了です。

このお車は2.5Lモデルでしたので、新車時に装着されるバッテリーはジャガー純正80Ahバッテリーになります。これにはブライトスターですと「SMF 58045」が適合致します。 ジャガー純正80Ahバッテリーとは高さ寸法に違いがありますが、お取り付けには影響しません。また、下位グレードの2.0Lモデルでは62Ahバッテリーが装着されていますが「SMF 58045」のお取り付けが可能です。

※ 容量アップ製品をご希望の場合は「SMF 590-42」をお取り付けいただくことも可能です(ジャガー純正80Ahと同寸法)

Brite Star SMF 58045 80Ah ¥18,000(税込、工賃サービス)

 

ご注文は、公式サイトの ご注文フォームよりお願い申し上げます。

 

ジャガー Xタイプ バッテリー交換

-Jaguar, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.