店主がバッテリー交換作業等の日常業務を綴ってまいります

自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ

PORSCHE 車種別取り付け方法

ポルシェ カイエン(958)のバッテリー交換をしました

更新日:

今日は、輸入車ではポルシェカイエン(958)のバッテリー交換作業がありました。

ポルシェカイエン(958)のバッテリー交換

姉妹車のVWトゥアレグと、基本的なバッテリー周りは共通になります。右ハンドルのお車でしたので、バッテリー搭載位置は助手席のシート下になります。左ハンドル車でしたら運転席下になります。

ポルシェ カイエン バッテリー交換

バッテリー交換作業中に、幾度となくパワーシートを動かす必要がありますので、バックアップはOBDⅡではなくエンジンルーム内のプラス電源から繋いでおきます。

ポルシェ カイエン バッテリー交換

最初に、シートを一番前にしてシートレールのボルトのカバーを外しておきます。

ポルシェ カイエン バッテリー交換

カバーを外すとトリプルスクエアボルト(10)にアクセス出来るようになります。先にこちらのボルトを2箇所外しておきます。シートを跳ね上げたときでも構いませんが、ここで後席用のエアインテークパイプのボルトも外しておいても良いかもしれません。ここはトルクスの25番です。

ポルシェ カイエン バッテリー交換

後側のシートレールのボルトを外したら、前に回りシートを一番後ろにして前側のシートレールのボルトを外します。この箇所もカバーが被さっていますのでカバーを外してボルトにアクセスします。

4箇所のシートレールのボルトを外し、シートレールごと跳ね上げてバッテリー交換作業を行います。10番のトリプルスクエアボルトで固定されています(画像はボルトカバーを取り外したところです)

前後4か所のシートレールのトリプルスクエアボルトを外し、背もたれをちょうど良い位置に調整しながら、シートレールごと跳ね上げたこの状態にして、フロアカーペットをめくり上げておきます。初めてのバッテリー交換ですと、フロアカーペットはめくれませんので、ミシン目に沿ってカッターで切っていきます。

バッテリーカバーは角の4箇所がフックで固定されています。この辺も姉妹車のトゥアレグと同じです。

バッテリー本体は2箇所の固定ステーで収納ケースに固定されています。

マイナス側には排気ホースがありますので、旧バッテリーから引き抜き、新バッテリーに差し込んでやります。

ポルシェ カイエン バッテリー交換

新バッテリーを車両に固定し、カバー類を元あったように組みつけていきます。

2代目となる958型からアイドリングストップが装備されていますので、バッテリーもアイドリングストップ車に対応するAGMバッテリーになります。カイエン、カイエンSは92Ahバッテリーが純正採用されています。

AGM 92-L5 92Ah ¥35,000(税込、工賃サービス)

 

ご注文は公式サイトの ご注文フォームよりお願い申し上げます。

ご来店のご予約はこちらのページからお願い申し上げます。

 

-PORSCHE, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.