peugeot 車種別取り付け方法

プジョー208のバッテリー交換をしました

更新日:

今日は、輸入車ではプジョー208のバッテリー交換作業がありました。2014年モデルとのことでしたので、アイドリングストップ機能付車です。

プジョー208のバッテリー交換

プジョー 208 バッテリー交換

最初にOBDⅡコネクターからバックアップを取っておきます。近年のフランス車では運転席足元ではない車が多く、この208も助手席のグローブボックス内にあります。

プジョー 208 バッテリー交換

具体的な作業手順としましては・・・

  1. エアインテークパイプを一旦取り外してバッテリーを引き抜くスペースを確保する。
  2. バッテリーカバーについているハーネス類やボックス類を取り外す。
  3. バッテリーカバーを取り外す。
  4. バッテリー本体を交換する。

プジョー 208 バッテリー交換

エアインテークパイプは、形状を見ていただくとおわかりいただけると思いますが、①と②が切り離し出来るようになっていますので、ツメを起こして切り離し、②を真上方向に引き上げてやります。これでバッテリーカバー、及びバッテリー本体を手前方向に引き抜くスペースを確保することが出来ます。

プジョー 208 バッテリー交換

次に2本のハーネスを一旦取り外しますが、このカバー部分は※印2箇所にツメがありますので、ここを外してカバーを開けてやります。

プジョー 208 バッテリー交換

○印2箇所のナットとプラスターミナルを取り外して養生しておきます。これで、銀色部分のボックス部全体は奥方向にスライドさせるとバッテリーカバーから切り離すことが出来ます。

プジョー 208 バッテリー交換

切り離したら、こんな感じで右奥方向に避けておくとバッテリーの交換作業の邪魔になりません。

プジョー 208 バッテリー交換

バッテリーカバー右側のボックス部も真上方向に引き上げてやると、○印箇所のバッテリー本体の固定部分にアクセスすることが出来ます。これもこんな感じで避けておきます。

プジョー 208 バッテリー交換

バッテリーカバーを手前方向に引き抜き、ようやくバッテリー本体が露出します。マイナスターミナルを外して旧バッテリーを取り外します。

プジョー 208 バッテリー交換

これまでと逆の手順で新バッテリーを取り付けていきます。カバー類、ボックス類、ハーネス、エアインテークを元あったように車両に取り付け作業終了です。

Brite Star AGM 70-L3 70Ah ¥30,000(税込、工賃サービス)

通販のご注文は、公式サイトの ご注文フォームよりお願い申し上げます。また、ご来店のご予約は、こちらのページの要領でご予約をお願い申し上げます。

 

-peugeot, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.