VW 車種別取り付け方法

VWパサート(B8)のバッテリー交換をしました

更新日:

今日は、輸入車ではVWパサート(B8)のバッテリー交換作業がありました。2015年から市販されてるガソリンモデルです。バッテリー周りや適合バッテリーは、同年代のゴルフⅦと同じです。アイドリングストップ機能付車ですのでAGMバッテリーが適合製品になります。

VWパサートのバッテリー交換方法

VW パサートB8 バッテリー 交換

最初に、運転席足元のOBDⅡからバックアップ電源に繋いでおきます。

VW パサートB8 バッテリー 交換

バッテリー本体が車両に固定されているのは、プラスターミナル下のホールドダウン部1箇所だけです。このボルト(13mm)を固定ステーごと取り外しておきます。

VW パサートB8 バッテリー 交換

すると、こんな感じになります。

VW パサートB8 バッテリー 交換

そのまま、バッテリー本体を手前方向にスライドさせるとバッテリー本体がフリーになります。これで上方向に持ち上げられるようになります。

VW パサートB8 バッテリー 交換

マイナスターミナルに電流センサーがあるのが、アイドリングストップ機能付車の特徴です。純正はEFBタイプの69Ahバッテリーです。EFBバッテリーは、一般的な液式バッテリーに比べ極板が厚く設計されていますが、AGMタイプに比べますと電気抵抗は大きくなります(液式タイプということは同じ)ので、アイドリングストップ機能を頻繁に使われるユーザー様ですと、どうしても製品寿命は短くなってしまいます。

VW パサートB8 バッテリー 交換

VW純正69Ahバッテリーに適合するのは、ブライトスターですと「AGM 70-L3」になります。元あったように取り付けバッテリー交換作業は終了です。

Brite Star AGM 70-L3 ¥30,000(税込)工賃¥1,080

通販のご注文は、公式サイトの ご注文フォームよりお願い申し上げます。また、ご来店のご予約は、こちらのページの要領でご予約をお願い申し上げます。

-VW, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.