renault 車種別取り付け方法

ルノールーテシア(CLIO)Ⅲのバッテリー交換をしました

更新日:

今日は、輸入車ではルノールーテシアのバッテリー交換作業がありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

初めに、バッテリー上面のエアインテークとバッテリーカバーを外しておきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

全部で3つあります。どれもツメで固定されてるだけですので、工具無しで取り外すことが出来ます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ルノー純正は、Tudorの47Ahバッテリーが装着されていました。マニュアル車だからでしょうか、バッテリー収納ケースより2サイズ小さなバッテリーです。お客様には、同じ高さ寸法(175mm)で、ワンサイズ大きな

SMF 56220をお取り付けいただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バッテリーを取り外したところです。新バッテリー取り付け時には、バッテリーの台座部分の出っ張りを(ホールドダウン)収納ケースの奥側にひっかけるようにして入れてやります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

固定ステー、ボルトはバッテリー手前側になります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

元あったように、両ターミナルを取り付け、排気ホースを差込みカバー類を取り付ければ作業終了です。

SMF 562-20 62Ah ¥14,000(税込、工賃サービス)

因みに、収納ケースはまだ余裕がありますので、容量アップをご希望の場合、もうワンサイズ大きな70~75Ahバッテリー(長さ275mm)まで取り付けることが可能です。

Dsc_1961

SMF 575-40 75Ah ¥16,000(税込、工賃サービス)

 

自動車バッテリーバスケスコーポレーションのトップページへ戻る

 

 

 

 

-renault, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.