VOLVO 車種別取り付け方法

ボルボV40(2代目)のバッテリー交換をしました

更新日:

今日は、輸入車ではボルボV40(2代目)のバッテリー交換作業がありました。アイドリングストップ機能付車ですので、対応の80AhのAGMバッテリーが純正採用されている車両です。初めてこの車のバッテリー交換作業を行ったときは、真上にバッテリーが抜けるものだと思いましたが、台座部分の構造上、手前方向にしか引き抜けないようになっていまして、色々なものを外さないとバッテリーーが手前方向にしか引き抜けないことを学んだ車です(汗)

ボルボV40(2代目)のバッテリー交換

ボルボ V40 バッテリー交換

運転席足元のOBDⅡでバックアップを取ったら、先ずコアサポート上のエアインテーク部分を全部外します。こうしませんと、エアクリーナーボックスが外れません。8mmボルト4箇所です。

ボルボ V40 バッテリー交換

○印部分のホースバンドを緩め、エアクリーナーボックス部全体を外します。真上に引き抜ける構造になっています。

ボルボ V40 バッテリー交換

すると、こんな感じになりますのでバッテリー本体を手前方向にスライドさせて引き抜けるスペースを確保することが出来ます。

ボルボ V40 バッテリー交換

次に、バッテリー上面の集束ハーネスのボックス部をバッテリー本体から切り離してやります。トルクスが必要になります。

ボルボ V40 バッテリー交換

カバーを開けてハーネス2本を取り外しておきます。ボックス部は2箇所のツメをマイナスドライバー等でこじって外してやります。

ボルボ V40 バッテリー交換

バッテリー本体が車両に固定されているのはこの1箇所だけです。8mmのボルトを外すと固定ステーごと取り外すことが出来ます。

ボルボ V40 バッテリー交換

プラスターミナルを外し、集束ハーネスのボックス部をバッテリー本体から切り離しましたら、少し手前方向にバッテリーをスライドさせてマイナスターミナルを外します。これでバッテリー本体を手前方向に取り出すことが出来ます。

ボルボ V40 バッテリー交換

旧バッテリーを車両から取り外した画像です。バッテリーの台座部分の出っ張りは○印部分にかむような構造になっていますので、真上方向には引き抜けないのがおわかりいただけると思います。

ボルボ V40 バッテリー交換

新バッテリーを車両に取り付け、集束ハーネスのボックス部を元あったように組み付けていきます。

ボルボ V40 バッテリー交換

両方のターミナル、固定ステー、エアクリーナーボックス、エアインテークなど、元あったように取り付けバッテリー交換作業は終了です。

因みに、このV40はバックアップ用のサブバッテリーが、エンジンルーム内の左フロントタイヤ前辺りに装備されていますが、このサブバッテリーの交換にはフロントバンパーをAssyで取り外すか、ジャッキアップして左フロントタイヤを取り外し、インナーフェンダーを取り外しませんとアクセスすることが出来ません。相当時間のかかる作業になりますので、このサブバッテリーについてはディーラーさんで、車検のときなどに交換されますことをお薦め申し上げます。

Brite Star AGM 80-L4 80Ah 800CCA ¥32,000(税込、工賃¥3,240)

通販のご注文は、公式サイトの ご注文フォームよりお願い申し上げます。また、ご来店のご予約は、こちらのページの要領でご予約をお願い申し上げます。

-VOLVO, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.