店主がバッテリー交換作業等の日常業務を綴ってまいります

自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ

VW 車種別取り付け方法

ゴルフⅥカブリオレのバッテリー交換、容量アップをしました

更新日:

今日は、輸入車ではVWゴルフⅥカブリオレのバッテリー交換作業がありました。リピーターのお客様で、前回の交換からまだ2年ほどなのですが、ディーラーさんでバッテリー交換を薦められてご来店とのことでした。早速、現在のバッテリーを各テスターで診断させていただいたところ、バッテリーアナライザー80%、CCAテスター82%と、今すぐ交換が必要なレベルではありませんが、まぁディーラーさんだったら「交換してください」とおっしゃられるような値ではありました。

お客様にもう少し詳しくお話しを伺ったところ「お車のご使用頻度は少ない」「屋根の開閉は割りと使われてる」とのことでしたので、バッテリーの容量アップをお勧めさせていただきました。以下にゴルフⅥのバッテリーの容量アップをご紹介させていただきます。

ゴルフⅥのバッテリーの容量アップ

ゴルフⅥの標準装着バッテリーは、グレードと年式によって多少の違いはありますが、VW純正60Ahバッテリーが装着されてるモデルでは、このバッテリーと同じ寸法の保護カバーがバッテリーに巻かれています。ですので、保護カバーを若干加工してやることで、ワンサイズ大きなバッテリーを装着することが可能です。

ゴルフⅥ バッテリー交換

具体的には・・・

  1. バッテリー固定部分の切込みをもう少し切って広げてやる。
  2. バッテリー本体が大きくなる分、※印部分が届かなくなるのでガムテープ等で留めてやる。
  3. バッテリーを取り付けて余計なカバーのミミ部分を切り取る。

といったところでしょうか。いずれにしてもハサミとガムテープやビニールテープがあれば事足りる簡単な作業です。

ゴルフⅥ バッテリー交換

バッテリートレイは、275mmのバッテリーが収納できるスペースがありますので、保護カバーさえ上記のようにちょっと加工してやれば問題ありません。ガムテープで留めてあるところも、マイナスターミナル側なので見えない箇所になります。まったく不自然さが無いのがおわかりいただけると思います。

ゴルフⅥ バッテリー交換

という訳で、ワンサイズ大きな(寸法、容量とも)SMF 57541をお取り付けいただきましたが、カブリオレは通常モデルよりも屋根の開閉で電気負荷が大きく掛かる訳ですから、VW純正バッテリーもラインナップにある70Ahバッテリーにすれば良かったのに・・・と思いました(汗)

Brite Star SMF 57541 75Ah ¥16,500(税込、工賃サービス)

 

 

 

-VW, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.