車種別取り付け方法

OBDⅡコネクターでバックアップ

投稿日:

今日は、バッテリー交換時に用いるOBD(On Board Diagnosis)Ⅱコネクターについてご紹介させていただきます。

OBDⅡコネクター

On Board Diagnosis second generationの略称で、このコネクターにスキャンツールを接続してECUの故障診断等に使われます。

OBDⅡコネクター ECU バックアップ

一昔前までは、バッテリー交換時にはキーをACC(アクセサリー)の位置にして、シガーライターソケットが通電する状態にし、このソケットからプラグを介してバックアップ電源に繋ぎ、バッテリー交換を行う方法が主流だったのですが(今でもACCのある国産車ではそれが可能です)輸入車ですと、キーONとOFFの間にACC(アクセサリー)が無い車も多く、また21世紀(2001年以降)に入ってからは、輸入車はOBDⅡコネクター(各自動車メーカー共通の診断コネクター)が標準で装備されるようになりましたので、近年はこちらでバックアップ電源を繋ぐのが主流になりつつあります。

基本的には、運転席付近にありますが、中にはパッと見にはどこかわからない車種もあります(汗)以下、色々な輸入車のOBDⅡコネクターの場所をご紹介させていただきます。

アルファロメオ 156 OBDⅡ

アルファロメオ156、このようにカバーを外さないと見えません。

アルファロメオ 159 OBDⅡ

アルファロメオ159、姉妹車のブレアも同様です。

ジャガー X351 OBDⅡ

VWゴルフⅤ

benz-GL OBDⅡ

ベンツ GL

bmw-e46-obd

BMW E46

ジャガー x351 OBDⅡ

ジャガーX351

ボルボ V70 OBDⅡ

VOLVO V70

volvo-v50-OBDⅡ

VOLVO V50

このように、運転席付近にある車がほとんどですが、中には・・・

w638-battery OBDⅡ

ベンツV280(W638後期型)のように、助手席のシート下にあったり・・・

peugeot-207-OBDⅡ

プジョー207のように助手席グローブボックスを開けて、そのカバーの中にあったり・・・

C4-Picasso-battery-OBDⅡ

シトロエンC4のようにグローブボックスの奥のほうにあったり・・・

peugeot-407-OBDⅡ

プジョー407やシトロエンC6、ルノーカングー2のように、センターコンソール付近にある車種もあります。。。

 

自動車バッテリーバスケスコーポレーションのトップページへ戻る

 

 

 

 

 

-車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.