AMG 車種別取り付け方法

AMG S63 のメインバッテリーの交換をしました

更新日:

今日は、輸入車ではAMG S63(後期型)のメインバッテリーの交換作業がありました。W221の後期モデルですので、前期モデルとはメイン、サブバッテリーのレイアウトが異なります。お客様に現在の症状を確認させていただきますと、確かにセルモーターの回りが弱々しい感じです。

前回のご来店時に、後ろのサブバッテリーをテスターで診断させていただきましたが、こちらはまったく問題無いようでしたので、メインバッテリーのみの交換作業となりました。

AMG S63 のメインバッテリーの交換

dsc_0405

左ハンドル車でしたので、前期モデルでは右アッパーマウント後ろのバルクヘッド部にスターターバッテリーが搭載されていましたが、後期モデルではこの位置にメインバッテリーが搭載されるようになります。作業に取り掛かる前にOBDⅡコネクターでバックアップを取っておきます。

dsc_0402

最初にバッテリー上面の固定ステーを外しておきます。次にバッテリー短側面のホールドダウン部の固定ステーをボルトごと取り外しますが、このお車ではこの固定ステーに何かのモジュールがありましたので、2箇所のツメを起こしてボックスごと取り外しておきます。これをしませんと固定ステーのボルトにアクセス出来ませんので。。。

プラスのハーネスが邪魔になりますので、先にプラス、マイナスともターミナル部を外しておいた方が作業効率が良いと思います。

AMG S63 バッテリー交換

後は、逆の手順で新バッテリーを取り付けていきます。W221(後期モデルでは特に)では、純正でAGMバッテリーが採用されていますのでご注意くださいませ。慣れてる私でも、ボディー部分に触れないように約30kgのバッテリーを片手で持ち上げて作業するのは結構しんどいです。もちろん、フェンダーカバーをしての作業ですが汗だくになりました(大汗)

Brite Star AGM 92-L5 ¥33,000(税込、工賃サービス)

-AMG, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.