国産車 業務日誌 車種別取り付け方法

実は簡単!C25セレナのバッテリー交換方法

投稿日:

普段は国産車のバッテリー交換についてはこのブログでは取り上げないのですが(お客様ご自身で比較的簡単に出来るため)今日は、良くお問い合わせいただくC25セレナのバッテリー交換作業がありましたのでご紹介させていただこうと思います。

簡単に出来るC25セレナのバッテリー交換

簡単に出来るC25セレナのバッテリー交換

C25セレナのバッテリー交換方法

お話を伺いますと、C25セレナのオーナー様は、バッテリーがどこにあるかまではおわかりいただけるものの、バッテリー上にエアインテークパイプがあり、これを外さなければバッテリー交換が出来ない・・・という事で、どうも尻込みされてしまわれてるようです。

P5220001

  1. 初めに①のリベット(真ん中押し込みタイプ)を外します。これで①部分を左方向に引き抜くことが出来ます。
  2. 次に②のリベット(真ん中引き上げタイプ)2箇所を外し、エアインテーク全体を手前方向に引き抜いてやります。

P5220005

真ん中押し込みタイプのリベットは、こうして真ん中部分を少し押し込んでやるとリベット全体が引き抜けるようになります。

P5220003

真ん中引き上げタイプのリベットは、こうして真ん中部分を引き上げてやると、リベット全体が引き抜けるようになります。専用の工具が無い場合、小さいマイナスドライバー等で代用することも出来ます。(爪でも・・・汗)

P5220007

エアインテークパイプは、※印あたりを持って手前方向にすこしこじってやればエアクリーナーボックスの根元部分から引き抜けるようになります。

両方の部品を外したところです。これでバッテリー本体にアクセスすることが出来ます。

P5220009

バッテリー本体を通常の手順で交換していきます。○印2箇所は、エアインテークパイプを取り付ける際に土台となる部分です。

  1. マイナスターミナルを外す。(10mm)
  2. プラスターミナルを外す。(10mm)
  3. バッテリー固定金具を外す。(10mm)
  4. 旧バッテリーを車両より取り外す。

必要な工具は10mmのスパナが1本あれば事足ります。

P5220011

旧バッテリーを取り外したところです。※印はエアインテークパイプの差込部分です。

  1. 新バッテリーを車両に搭載します。
  2. バッテリー固定金具で固定します。
  3. プラスターミナルを取り付けます。
  4. マイナスターミナルを取り付けます。

エアインテークパイプを先ほどの※印部分のエアクリーナーボックスに差込み、ゴム台座に位置を合わせて載せます。

リベットのネジ穴と合わせて固定します。

P5220016

もう1つの部品を①に差込み、③の台座部分に位置を合わせ、②の穴に合わせてリベットを差し込んでやれば作業終了です。

どこを外すと何が外れるか・・・が予めわかっていれば、何てことの無い作業だと思います。よろしければご参考にされてみてくださいませ。

ブライトスターバッテリー 75D23L-MF ¥12,000(税込、工賃サービス)

 

自動車バッテリーバスケスコーポレーションのトップページへ戻る

 

 

 

-国産車, 業務日誌, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.