FIAT 車種別取り付け方法

FIATパンダ(2代目)のバッテリー交換をしました

投稿日:

今日は、輸入車ではフィアットNEWパンダ(2代目)100HPのバッテリー交換作業がありました。

IMG_5414

100HPは、限定車ではありますが、バッテリー周りは他のモデルと同じです。この車に関しましては、近日中に交換手順のページを作成して公式サイトでご案内させていただこうと思います。当店では、純正品と同じ高さ190mmの「SMF 550-66」を適合製品としてご案内しております。

IMG_5415

因みに、この年代のイタリア車はACCが無いので、バックアップはOBDⅡを使って取ります。イタリア車、フランス車はこのようにキーシリンダー周りやヒューズボックス周りにOBDⅡがある車が多いです。

SMF 55066 50Ah ¥13,500(税込、工賃サービス)

 

次は、メルセデスベンツW211のメインバッテリーの交換作業です。

IMG_5416

詳しい交換手順については公式サイトの ベンツ W211のバッテリー交換方法 をご参照下さい。

SMF 60044 100Ah ¥19,900(税込、工賃サービス)

 

最後は、BMW E46 330カブリオレです。

IMG_5417

基本的な交換作業は他のE46と変わりませんが、適合バッテリーがセダンモデルよりもワンサイズ大きな製品となります。今回はお客様のご要望で、BMW純正80Ahバッテリー→ブライトスターSMF 590-42(90Ah)と、容量アップ製品をお取り付けいただきました。

SMF 59042 90Ah ¥19,000(税込、工賃サービス)

 

他、プジョー307(雨の日にも関わらずエンジンルームを含め、とても綺麗にお手入れされてる車でした)のお客様のご来店取り付け作業があったのですが、ちょうど作業が立て込んでいまして、写真を撮らせていただくのを失念してしまいました。申し訳ございません。。。

 

自動車バッテリーバスケスコーポレーションのトップページへ戻る

 

 

-FIAT, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.