Chrysler 車種別取り付け方法

クライスラー 300(LX36) のバッテリー交換をしました

更新日:

今日は輸入車ではクライスラー300(LX36)のバッテリー交換作業がありました。

クライスラー 300(LX36) のバッテリー交換方法

写真を失念してしまいましたが、いつものように運転席足元のOBDⅡコネクターからバックアップ電源に繋いでおきます。

クライスラー 300 LX36 バッテリー交換

バッテリーの搭載場所はトランクルーム内のフロアボード下、スペアタイヤ横になります。他の車種でもそうですが、クライスラーではMOPER製のバッテリーが純正採用されています。L4規格(幅×長さ×高さ=175mm×310mm×190mm)のバッテリーです。

クライスラー 300 LX36 バッテリー交換

最初にバッテリー本体に巻かれているベルトを緩めておきます。スペアタイヤは取り外さなくとも作業可能です。

クライスラー 300 LX36 バッテリー交換

バッテリー本体が固定されているのはこの1箇所だけです。固定ステーごとボルトを取り外しておきます。

クライスラー 300 LX36 バッテリー交換

プラス側の短側面には排気ホースが差仕込んでありますのでこれを抜いておきます。後はマイナス、プラスターミナルの10mmのナットを緩めて旧バッテリーを車体から取り外します。

クライスラー 300 LX36 バッテリー交換

元あったように新バッテリーを車体に取付けていきます。ブライトスターでは「SMF 590-42」が適合製品になります。

Brite Star SMF 590-42 90Ah ¥19,500 税込 交換費用¥2,200

通販のご注文は、公式サイトの ご注文フォームよりお願い申し上げます。また、ご来店のご予約は、こちらのページの要領でご予約をお願い申し上げます。

自動車バッテリーバスケスコーポレーションのトップページへ戻る

 

-Chrysler, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.