Jaguar 車種別取り付け方法

ジャガーXF2.0ディーゼルのバッテリー交換をしました

更新日:

今日はジャガーXF2.0ディーゼルのバッテリー交換作業がありました。スペアタイヤ横ではなくスペアタイヤ下にバッテリーが搭載されているモデルです。年式によって搭載バッテリーの位置と適合も異なるようですのでご留意ください。

ジャガーXF2.0ディーゼルのバッテリー交換

写真を失念してしまいましたが、運転席足元のOBDⅡからバックアップ電源に繋いでおきます。

ジャガーXF2.0ディーゼルのバッテリー交換

こちらのモデルではスペアタイヤ下にバッテリーが搭載れていました。ジャガー純正(VARTA製OEM)80AhのAGMバッテリーです。スペアタイヤを取り外しておきます。

ジャガーXF2.0ディーゼルのバッテリー交換

バッテリー固定ステーは3カ所のボルト、ナットで固定されていますが、収束ハーネスのボックスが固定ステーにクランプされていますので、2箇所の10mmのナット、及びクランプ部とカプラーを固定ステーから切り離しておきます。

ジャガーXF2.0ディーゼルのバッテリー交換

バッテリー固定ステーを取り外したところです。後は排気ホースを旧バッテリーから抜き両方をターミナルを緩めて取り外します。

ジャガーXF2.0ディーゼルのバッテリー交換

旧バッテリーを取り外したところです。

ジャガー XF 2.0 ディーゼル バッテリー交換

新バッテリーを元あったように固定ステーごと車体に組付けていきます。

Brite Star AGM 80-L4 ¥32,500 税込 交換工賃¥3,300

通販のご注文は、公式サイトの ご注文フォームよりお願い申し上げます。また、ご来店のご予約は、こちらのページの要領でご予約をお願い申し上げます。

 

 

-Jaguar, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.