citroen 車種別取り付け方法

シトロエンC3(2代目)後期型のバッテリー交換をしました

更新日:

今日は、輸入車ではシトロエンC3後期型(2012年モデル)のバッテリー交換作業がありました。事前に、お客様より並行輸入車と伺ってましたので、今までに作業実績のある正規ディーラー車とどこが違うのだろうと少し楽しみにしていました。

Dsc_2379

早速、バックアップを取るためのOBDⅡコネクターを確認させていただいたところ、右ハンドル車ではグローブボックス内になるのですが、左ハンドルのこの車ではステアリング横のカバー内にありました。ハンドル位置だけ違い、OBDⅡ」コネクターの場所はそのままのようです。

Dsc_2377

ボンネットを開け、バッテリー周りを確認させていただいたところ、エアインテークパイプの取り付け方法が正規ディーラー車とは違いましたが、あとは同じようです。

Dsc_2378

並行輸入車は、○印部分にプッシュ型のリベットで固定されていました。正規ディーラー車のバッテリー交換方法は シトロエン C3のバッテリー交換方法その2 でご紹介していますので、よろしければご参考にされてみてください。

適合バッテリーについては、標準装着バッテリーはL2でディーラー車と同じでした。色々なカバー類や集束ハーネス、バッテリーカバーを外しませんと、固定ステーのボルトが見えませんので、少しやっかいに思われるかもしれませんが、どこを外せば何が外れるかを理解していれば、そんなに作業の大変な車ではありません。

Brite Star SMF 56219 62Ah ¥14,500(税込、工賃サービス)

-citroen, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.