Benz 車種別取り付け方法

ベンツ R231のバッテリー交換をしました

更新日:

今日は、輸入車ではベンツSL(R231)のバッテリー交換(メイン、サブ共)作業がありました。R231からはアイドリングストップ機能がありますのでバックアップバッテリーも装着されています。お客様にお話を伺うとアイドリングストップ機能が効かなくなってきたとのことです。ベンツの場合、メインバッテリー、バックアップバッテリーのどちらかが劣化してきますとこういった症状が現れます。バックアップバッテリーのみダメになった場合は、メーター内に「バックアップバッテリー故障」の警告灯が表示されます。

ベンツ R231のメインバッテリーの交換方法

ベンツ R231 SL バッテリー交換 サブバッテリー

最初に運転席足元のOBDⅡからバックアップ電源に繋いでおきます。

ベンツ R231 SL バッテリー交換 サブバッテリー

メインバッテリーは、トランクフロア中央に位置されますのでフロアボードを取り外してバッテリー本体にアクセス出来るようにしておきます。

ベンツ R231 SL バッテリー交換 サブバッテリー

メインバッテリーの交換作業は重量を除けば(30kg以上あります)比較的簡単な部類の作業になります。固定ステーのナット(13mm)2箇所を取り外して旧バッテリーを取り外します。ターミナルは10mmです。プラス側の短側面には排気ホースがありますのでこれも抜いておきます。

ベンツ R231 SL バッテリー交換 サブバッテリー

新バッテリーを元あったように取り付けていきます。ブライトスターでは「AGM 92-L5」が適合製品になります。

Brite Star AGM 92-L5 ¥35,500(税込) 交換工賃¥2,200

ベンツR231のサブ(バックアップ)バッテリーの交換方法

続いてサブ(バックアップ)バッテリーの交換作業です。助手席の後ろのカバー内にありますので、シートを一番前にして作業スペースを確保しますが、場所が場所だけにとてもやりづらいです汗

ベンツ R231 SL バッテリー交換 サブバッテリー

先ず、内張外しツールを使って2枚のカバーを取り外しておきます。ツメで固定されているだけですので簡単にこの状態に出来ます。

ベンツ R231 SL バッテリー交換 サブバッテリー

内張内のカバー全体を取り外します。30番のトルクス8カ所で固定されています。

ベンツ R231 SL バッテリー交換 サブバッテリー

次にサブバッテリー本体のカバーを取り外します。向かって左側の2箇所のツメを外してカバー全体を取り外します。

ベンツ R231 SL バッテリー交換 サブバッテリー

両ターミナル(10mm)を外して旧バッテリーを上方向に引き抜きます。

ベンツ R231 SL バッテリー交換 サブバッテリー

ベンツの12Ahのサブ(バックアップ)バッテリーは、FIAMM製や3K製など、複数のメーカーの製品が純正採用されているのですが、このFIAMM製の場合、当店取り扱いのVARTA AGM VTX14とは本体寸法は同じなのですが、ターミナルの位置がオフセットされていますので、バッテリー本体のカバーを取り付けることが出来なくなることをご了承ください。(排気ホースも取付出来ません)

ベンツ R231 SL バッテリー交換 サブバッテリー

VARTA AGM VTX14を取り付けたところです。バッテリー本体のカバーは装着出来なくなりますが、このボックス部の全体のカバーを装着しますし、またその上からさらに内張りも取り付けますので特に問題ないものと思います。

VARTA AGM VTX14 ¥11,000(税込) 交換工賃¥3,300

通販のご注文は、公式サイトの ご注文フォームよりお願い申し上げます。また、ご来店のご予約は、こちらのページの要領でご予約をお願い申し上げます。

 

 

 

-Benz, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.