Benz 車種別取り付け方法

ベンツ G350d のメイン、バックアップバッテリーを交換しました

更新日:

本日は、ベンツG350d(W463)のメイン、バックアップバッテリーの交換作業がありました。この車の場合、メインバッテリーを一旦取り出さないとバックアップバッテリーにはアクセスすら出来ない構造ですので、バッテリー交換の際は、メイン、サブのバックアップ共、同時交換がお薦めです。

ベンツ G350d のメイン、バックアップバッテリーの交換方法

G350dになって右ハンドルになりましたが、バックアップの為のOBDⅡコネクターとボンネットオープナーは助手席側(左側)になります。作業しやすいように運転席、助手席のシートは予め前側に出しておきます。

ベンツ W463 G350d バッテリー 交換 バックアップバッテリー

バッテリーの搭載位置は、W463後期モデルはリヤシート足元のフロア部分になります。トルクス(T20)ビスで留まっているドリンクホルダーを取り外しておきます。

ベンツ W463 G350d バッテリー 交換 バックアップバッテリー

〇印のファスナーを90度回してフリーにしてセンターフロアカバーを取り外します。工具入れのカバーは両側を持ち上げれば取り外せます。

ベンツ W463 G350d バッテリー 交換 バックアップバッテリー

メインバッテリーの脱着は、上面の固定ステーを取り外します。10mmのナット×2です。ターミナルも10mmです。マイナス側には排気ホースがありますのでこれも抜いておきます。

ベンツ W463 G350d バッテリー 交換 バックアップバッテリー

メインバッテリーを取り外したところです。バックアップバッテリーはメインバッテリーの真下に横向きで取り付けられています。構造上、ここしかスペースが無かったのか、ターミナルも下になるレイアウト(ボディーに近い)ですし、後から無理くり取り付けられたような感じがします(汗)

ベンツ W463 G350d バッテリー 交換 バックアップバッテリー

固定ステー(10mm)とマイナスアース(13mm)のナットを外してバックアップバッテリーを、マイナスのハーネスごと取り外します。

ベンツ W463 G350d バッテリー 交換 バックアップバッテリー

横から見るとこんな感じです。

ベンツ W463 G350d バッテリー 交換 バックアップバッテリー

固定ステーを取り外すと、バックアップバッテリーを立ててやることが出来ますので、この状態にしてターミナル部にアクセスします。プラス、マイナス共に保護カバーがインシュロックでとめられていますが、ターミナル部が下(ボディーすれすれ)になる構造ですので、新バッテリー取り付け時の保護カバーの取り付けは必須です。慎重にしっかりとずれないように新バッテリーにも保護カバーを取り付けインシュロックで固定します。

バックアップバッテリーのVARTA AGM VTX14 は排気ホースを取り付けることは出来ませんが、液体では無いAGMタイプですし、ましてやこちらの方が過充電になるようなトラブルは先ず無いと思います。

ベンツ W463 G350d バッテリー 交換 バックアップバッテリー

新バックアップバッテリーを取り付け、その上にメインバッテリーを元あったように取り付けてバッテリー交換作業は終了です。

Brite Star AGM 92-L5 ¥35,500 税込

VARTA AGM VTX14 ¥11,000 税込

メイン、バックアッバッテリー同時交換工賃¥5,500

通販のご注文は、公式サイトの ご注文フォームよりお願い申し上げます。また、ご来店のご予約は、こちらのページの要領でご予約をお願い申し上げます。

-Benz, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.