国産車 車種別取り付け方法

50系プリウスのバッテリー交換をしました

更新日:

今日は、50系プリウスの補機バッテリーの交換作業がありました。この50系のモデルより、補機バッテリーの搭載場所がエンジンルーム内になった他、欧州車用バッテリー(EN規格)の規格であるL1サイズのバッテリーが採用されるようになりました。お客様にお話を伺いますと、丸4年でダメになったそうです。熱のこもるエンジンルーム内にバッテリーが搭載されるようになったからでしょうか。先代までのモデルより少しバッテリー寿命が短くなった印象です。

50系プリウスのバッテリー交換方法

50系 プリウス 補機 バッテリー 交換

最初に運転席足元のOBDⅡコネクターからバックアップを取っておきます。

50系 プリウス 補機 バッテリー 交換

端子取付位置が一段低くなる形状の欧州車用バッテリーが採用されているのがおわかりいただけると思います。

50系 プリウス 補機 バッテリー 交換

バッテリー本体が固定されているのはここ1か所だけです。13mmのボルトを外しますと、金属製の固定ステーごと取り外すことが出来ます。

50系 プリウス 補機 バッテリー 交換

マイナスターミナルの取り外しは、このナットを緩めます。10mmです。

50系 プリウス 補機 バッテリー 交換

プラスターミナルは、保護カバーを開けてこの位置のナットを緩めます。マイナスと同じ10mmです。

50系 プリウス 補機 バッテリー 交換

後は、バッテリー本体を真上方向に持ち上げてやりますと旧バッテリーを取り外すことが出来ます。純正バッテリーは「とって」がありませんので、持ち上げにくいかもしれません。

50系 プリウス 補機 バッテリー 交換

取り外した純正バッテリー、GS YUASA製で型番は「345LN1-MF」です。L1規格の高さ寸法190mmですので、ブライトスターでは「SMF 550-66」が適合製品になります。「とって」付きですので取り付け時は簡単です。

50 プリウス バッテリー 交換 補機

50Ahと純正より容量も若干大きく、CCA値も大きく上回ります。

50系 プリウス 補機 バッテリー 交換

バッテリー本体の保護カバーごと、元あったように新バッテリーを車両に取り付けてバッテリー交換作業は終了です。

Brite Star SMF 550-66 50Ah 値段¥14,000(税込)交換費用工賃¥1,100

2022年6月追記・・・

新製品としてアイドリングストップ機能付車、HV車用の「EFB55-LN1」が新たにラインナップに加わりました。上記でご紹介してる「SMF 550-66」の高性能バージョンとして50系プリウスにお取り付けいただけます。

50 プリウス 補機 バッテリー 交換 場所 費用 値段 位置 価格

50 プリウス 補機 バッテリー 交換 場所 費用 値段 位置 価格

Brite Star EFB55-LN1 55Ah 480CCA ¥18,000 税込

50 プリウス 補機 バッテリー 交換 場所 費用 値段 位置 価格

CCAの実測値は645CCAとカタログスペックはもちろん、純正採用されてる「345LN1-MF」や先の「SMF 550-66」をも大きく上回ります。後付けの電装品(ドライブレコーダーや社外セキュリティー等)をお取り付けのお客様やストップゴーが多く補機バッテリーに負担のかかる乗られ方をされてるお客様、純正品の「345LN1-MF」が思いのほかバッテリー寿命が短かったお客様は是非こちらの製品をご検討くださいませ。

50系 プリウス 補機 バッテリー 交換 場所 位置 費用 値段

Brite Star EFB55-LN1 55Ah 値段¥18,000(税込)交換費用工賃¥1,100

通販のご注文は、公式サイトの ご注文フォームよりお願い申し上げます。また、ご来店のご予約は、こちらのページの要領でご予約をお願い申し上げます。

自動車バッテリーバスケスコーポレーションの公式サイトのトップページへ戻る

 

-国産車, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.