BMW 車種別取り付け方法

BMW X5(E53)のバッテリー交換をしました

更新日:

今日は、輸入車ではBMW X5(E53)のバッテリー交換作業がありました。

BMW X5(E53)のバッテリー交換

BMW X5 バッテリー交換

はじめにバックアップを取っておきます。この店長ブログでも幾度か紹介させていただきましたが、当店ではBMWに限ってはOBDⅡコネクターではなくエンジンルーム内のプラス電源、及びボディーアースでバックアップ電源に繋ぐことにしています。X5ではありませんが、E60とE90でOBDⅡコネクターで繋いでバックアップを取った際に、新バッテリーに交換した後、何らかのヒューズが飛ぶ(弱っていたバッテリーが新しくなったためと思いますが。。。)経験を2度ほどしてるものですから、大事をとってBMWではそうするようにしています。不思議と、他の車種でこうした経験は1度もありませんので、おそらくBMWではOBDⅡに流れるバックアップ電流の違いがあるのだと思います。

トランクを開けフロアカバーを一旦外してスペアタイヤを取り外します。バッテリー本体はこの中に搭載されています。

スペアタイヤ中央の円盤状の金具をボルト4箇所で取り外しますと、ようやくバッテリー本体が見えるようになりますが、このようにステーで囲まれていますので、黄色○印部分のボルトを外して3個のバーを取り外します。補強の為のバーと思われます。

プラス側の排気ホースを抜いておき、両方のターミナルを取りは外します。

バッテリー本体はこの位置で固定されています。この固定金具を取り外しますと、旧バッテリーを取り外すことが出来ます。

後は、これまでと逆の手順で新バッテリーを取り付けていきます。作業自体は単純なバッテリー交換作業ですが、重たいスペアタイヤを含め、取り外さなくてはならない部品点数が多いので、作業時間はちょっと多めにかかってしまいます(汗)

Brite Star SMF 60044 100Ah ¥19,900(税込、工賃サービス)

ご注文は公式サイトの ご注文フォームよりお願い申し上げます。

-BMW, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.