Jeep 車種別取り付け方法

JEEP ラングラー(JK型)のバッテリー交換をしました

更新日:

今日は、輸入車ではジープラングラーのバッテリー交換作業がありました。2016年式とのことでしたので、JK型の後期モデルです。近年の米国車では、以前のようなアメリカのBCI規格ではなく、バッテリーポールが一段低いところにある欧州規格のバッテリーが採用されている車種が多いのが特徴です。

JEEP ラングラー(JK型)のバッテリー交換方法

JEEP ジープ ラングラー バッテリー交換

いつものように運転席足元のOBDⅡカプラーからバックアップを取っておきます。

JEEP ジープ ラングラー バッテリー交換

バッテリーが搭載されているのはボンネットを開けてこの位置ですが、真上方向に引き抜くのにはボンネットが邪魔になりますので、ボンネットは90度以上にまで開けておきます。

JEEP ジープ ラングラー バッテリー交換

バッテリー本体が固定されているのはこの1箇所のみです。ボルトを緩めて固定ステーごと取り外します。ここら辺も一般的な欧州車と同じです。

JEEP ジープ ラングラー バッテリー交換

ターミナルは○印箇所のナットを緩めてやれば外すことが出来ます。10mmです。

JEEP ジープ ラングラー バッテリー交換

このモデルは非アイドリングストップ車ですので、一般的な液式バッテリーになります。純正装着されるバッテリーは、70Ahの縦×横×高=175mm×275mm×190mmのバッテリーですので、ブライトスターですと「SMF 575-41」が適合製品になります。

JEEP ジープ ラングラー バッテリー交換

全くの同寸法、同形状、同ターミナルレイアウトですので、元あったように車に取り付けていきます。ガタが無いこと、ターミナルに緩みが無いことを確認してバッテリー交換作業は終了です。

Brite Star SMF 575-41 75Ah ¥16,500(税込)

通販のご注文は、公式サイトの ご注文フォームよりお願い申し上げます。また、ご来店のご予約は、こちらのページの要領でご予約をお願い申し上げます。

-Jeep, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.