peugeot 車種別取り付け方法

プジョー308(T9)のバッテリー交換をしました

投稿日:

今日は、輸入車ではプジョー308(T9)のバッテリー交換作業がありました。アイドリングストップ機能付車ですので、AGMバッテリーになりまして、バッテリー周りはシトロエンC4とほぼ同じです。

プジョー308(T9)のバッテリー交換

プジョー 308 バッテリー交換

最初にOBDⅡからバックアップを取っておきます。最近のフランス車は運転席足元ではなく、助手席のグローブボックスやこのようにセンターコンソールにOBDⅡがある車種が多いように思います。

プジョー 308 バッテリー交換

○箇所の10mmボルトを外し、※1の集束ハーネスのボックス部を浮かしてエアインテークから切り離し、※2のエアインテーク部分を車両から取り外してバッテリーの脱着スペースを確保しておきます。

プジョー 308 バッテリー交換

フレームにあるレールからエアインテーク部分を切り離すのにツメがあるのですが、奥まった箇所になりますのでコツが必要です。エアインテークを取り外すと画像のような状態になります。

プジョー 308 バッテリー交換

後は、バッテリー周りのものを全て取り外していきます。最初にプラスターミナルと、2箇所の○印の10mmボルトを取り外しておきます。

プジョー 308 バッテリー交換

すると、バッテリー固定ステーにアクセス出来るようになりますので、2箇所の10mmのボルト、ナットを取り外して固定ステーごと取り外します。

プジョー 308 バッテリー交換

バッテリー上面部分にもステー(※部分)がありますので、これも取り外します。○印の部分でトルクスの30番です。これで上面部分のステーは手前方向に引き抜けるようになります。

プジョー 308 バッテリー交換

少しバッテリー本体を手前方向にスライドさせ、マイナスターミナルを取り外します。

プジョー 308 バッテリー交換

これで、旧バッテリーは手前方向に引き抜けるようになります。純正は70AhのAGMバッテリーが装着されています。

プジョー 308 バッテリー交換

後は、新バッテリーを元あったように取り付けていきます。

プジョー 308 バッテリー交換

一旦取り外すもの、取り付けるものはたくさんありますので手間と時間はかかりますが、作業自体はそんなに難しくはありません。

プジョー 308 バッテリー交換

最後にエアインテークを取り付けますが、フレームにあるレール部分と、エアインテークの溝を合わせて取り付けてやります。一緒にジャバラのジョイント部分も入れなければなりませんので、ここは少しコツが必要になります。

プジョー 308 バッテリー交換

エアインテークの2箇所の穴に、集束ハーネスの穴を合わせて押し込んでやればバッテリー交換作業は終了です。

Brite Star AGM 70-L3 70Ah ¥30,000(税込、工賃サービス)

通販のご注文は、公式サイトの ご注文フォームよりお願い申し上げます。また、ご来店のご予約は、こちらのページの要領でご予約をお願い申し上げます。

 

 

-peugeot, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.