Benz 車種別取り付け方法

ベンツC200(W205)のバッテリー交換をしました

更新日:

今日は、輸入車ではベンツC200(W205)のバッテリー交換作業がありました。まだ年式が新しく、W205は当店でも初めて作業する車だったのですが、お客様にお話を伺ったところ、電気系統のトラブルがありどうもバッテリーの劣化もその原因のひとつだったようで、ディーラーさんで交換を薦められて・・・とのことでした。

ベンツC200(W205)のバッテリー交換

ベンツ W205 バッテリー交換

はじめに運転席足元のOBDⅡコネクターでバックアップ電源に繋いでおきます。W205では、ボンネットも2段開閉になっていますので、ダンパーのプッシュボタンで一番開く(垂直近くまで)状態にしておきます。

ベンツ W205 バッテリー交換

バッテリー位置は、従来モデルのW203やW204と同じで、運転席とは反対側のバルクヘッド部分に搭載されます。カバーが被さっていますので、○印6箇所のファスナーのロックを解除してカバーを開けておきます。

ベンツ W205 バッテリー交換

C200では、Benz純正の70AhのAGMバッテリーが標準搭載されていました。グレードの違いで、80Ahや95AhのAGMバッテリーが搭載されるモデルもあるようです。

  1. バッテリー固定ボルト(T45)を緩めておきます。
  2. 排気ホースを抜いておきます。
  3. マイナスターミナルを外します(10mm)
  4. プラスターミナルを外します(10mm)
  5. 旧バッテリーを取り外します。

※ 構造上、バッテリー固定ステーはボルトを緩めてステーをずらすだけで、ステーそのものは取り外し出来ないようです。またこのボルトには45番のトルクスが必要になります。

ベンツ W205 バッテリー交換

旧バッテリーを車両から取り外したところです。新バッテリー取り付け時には、バッテリー本体をトレイに取り付けたら固定ステーでバッテリーのホールドダウン部(出っ張り部分)を固定ステーで踏んでやるように取り付けます。

ベンツ W205 バッテリー交換

これまでと逆の手順で新バッテリーを取り付けて作業終了です。

Brite Star AGM 70-L3 70Ah ¥30,000(税込、工賃サービス)

ご注文は公式サイトの ご注文フォームよりお願い申し上げます。また、ご来店のお客様は、こちらのページの要領で予めご来店日時のご予約をお願い申し上げます。

 

-Benz, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.