AUDI 車種別取り付け方法

アウディA1のバッテリー交換をしました

投稿日:

今日は、輸入車ではアウディA1のバッテリー交換作業がありました。アイドリングストップ車ですので、充電制御車用のAGMバッテリーになります。アイドリングストップ車では、1日に何十回、何百回とセルモーターを回しますのでどうしてもバッテリーの負担は大きくなります。このA1のお客様も、3年目でディーラーさんにバッテリー交換を薦められ、4年目でダメになったとのことでした。実際、テスターでバッテリーの状態を確認させていただいたところ「要交換」の判定でした(汗)

アウディA1のバッテリー交換方法

dsc_0719

最初に運転席足元のOBDⅡコネクターでバックアップ電源に繋いでおきます。A1のバッテリー本体はトランクフロアのスペアタイヤ内に収納されますので、フロアカーペットを車両より取り外しておきます。

dsc_0720

バッテリー本体はこのスペアタイヤを外しませんと見えません。

dsc_0721

次に、スペアタイヤ奥の車載工具を発砲スチロール製のケースごと取り外します。ベルトで固定されています。

dsc_0722

すると、バッテリー上面の固定ステーのボルトが見えるようになります。手前側と合わせて合計4箇所です。

dsc_0723

バッテリー本体は手前側の固定ステーで車両に固定されています。

dsc_0725

バッテリー上面のステーと固定ステーを取り外したところです。マイナス側の排気ホースを抜いておきます。マイナス、プラスターミナルを外してやればバッテリー本体を車両より取り外すことが出来ます。

dsc_0730

A1には、VARTA製のAGMの75Ahバッテリー(7PO 915 105 A)が標準で装着されています。これにはブライトスターですと「AGM 80-L4」が適合いたします。

dsc_0726

旧バッテリーを取り外し、新バッテリーを元あったように車両に取り付け、固定ステー類を取り付け、スペアタイヤ、フロアカーペットを取り付ければ作業終了です。

Brite Star AGM 80-L4 80Ah ¥30,000(税込、工賃サービス)

ご注文は公式サイトの ご注文フォームよりお願い申し上げます。

 

-AUDI, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.