PORSCHE 車種別取り付け方法

ポルシェ ケイマンのバッテリー交換をしました

更新日:

今日は、輸入車ではケイマンのバッテリー交換作業がありました。フロント周りを共通とするボクスターと、バッテリー交換作業も全く同じです。

ポルシェ ケイマンのバッテリー交換

写真にはありませんが、最初に運転席下のOBDⅡコネクターでバックアップを取ります。バックアップを取って作業しなくとも、最初のエンジン始動時にPSMの警告灯が点灯してしまいますが、すぐに消えます(どこかに異常がある訳ではありませんので)ので、一般ユーザー様がご自身でバッテリー交換作業をされる場合、基本的にはバックアップはしなくても大丈夫です。ポルシェ ケイマンのバッテリー交換

バッテリー搭載位置は上記画像のバルクヘッド部になります。2箇所のフックを90度回せばカバーを外すことが出来ます。

Dsc_0385

純正の70Ah(570-69)が装着されていましたが、ボクスターもそうなのですが上級グレード(Sグレード)用のバッテリーでも取り付け出来るようになっていますので、お客様にはワンサイズ容量(本体寸法も)の大きな80Ahのバッテリーをお取り付けいただきました。

Dsc_0386

このように、バッテリーが長さ方向に大きくなっても固定ステーがスライドして取り付け出来るようにバッテリートレイにはネジが切ってあります。

Dsc_0387

ブライトスター SMF 58045 80Ah ¥18,000(税込、工賃サービス)

ご注文は公式サイトのご注文フォームよりお願い申し上げます。

 

-PORSCHE, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.