renault 車種別取り付け方法

ルノーメガーヌⅢのバッテリー交換をしました

投稿日:

今日は、輸入車ではルノーメガーヌⅢのバッテリー交換作業がありました。

ルノーメガーヌⅢのバッテリー交換

Dsc_1841

はじめに、バッテリー本体が覆われているカバー類とそのインテークパイプを外します。部品点数にすると3点ですが、どれも工具無しで取り外すことが出来ます。

Dsc_1832

次にバッテリー上面の固定ステーをボルト(8mm×2)ごと取り外します。国産車と同じです。これでバッテリー本体はフリーになります。

マイナスターミナルはこの状態で取り外すことが出来ますが、プラスターミナルはバッテリー収納ケースに入った状態では、構造上ターミナルを緩めることが出来ませんので、ハーネス部分を取り外します。

Dsc_1835

車両よりバッテリー本体を取り外し、旧バッテリーから取り外したプラスターミナルを新バッテリーに付け替えます。

Dsc_1837

新バッテリーを車両に搭載して両ターミナルとハーネス、固定ステーを取り付けていきます。

Dsc_1839

インテークパイプとバッテリーカバーをもと合ったように取り付ければバッテリー交換作業終了です。

Dsc_1844

ルノー純正(VARTA製)の「570-141-072」にはブライトスターでは「SMF 57541」が適合製品になります。

Brite Star SMF 57541 75Ah ¥16,500(税込、工賃サービス)

-renault, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.