国産車

簡単に出来るNHW20プリウス補機バッテリーの交換方法

更新日:

謹んで新春のお喜びを申し上げます。本年も変らぬご愛顧を何卒よろしくお願い申し上げます。

新年最初の投稿は、4代目プリウスの発売に伴い、20.30系プリウスが今まで以上に中古車(下取車)が市場に流通されることが予想されますので、先ずは20系プリウスの補機バッテリー交換方法についてご紹介させていただこうと思います。

20系プリウスの補機バッテリーの交換方法

NHW20-battery-01

ここでは、Gグレード用の「S46B24R」バッテリーが装着されていますが、基本的な作業手順はSグレードでも同じです。

  1. 先ず最初に、バッテリー交換スペースを確保するため、○印2箇所のボルト(10mm)を外して※印部分のモーター駆動用のバッテリーの廃熱ダクトを取り外しておきます。
  2. 次に、プラスターミナルに被さっている保護カバー(赤色の部分)を、ツメを外して前方向にスライドさせて取り外しておきます。

NHW20-battery-02

バッテリー本体が固定されているのは、○印2箇所のナット(10mm)ですが、バッテリー本体を手前方向に引き抜くのに邪魔になりますので、※印部分のモジュールを一旦取り外しておきます。

NHW20-battery-03

○印3箇所のボルト(10mm)を外しステーごと取り外し、バッテリー上面の固定ステーも取り外します。

NHW20-battery-04

  1. バッテリー側面に排気ホースがありますが、これごと取り外しておきます。
  2. マイナスターミナルを取り外します(10mm)
  3. プラスターミナルを取り外します(10mm)

NHW20-battery-05

旧バッテリーを取り外します。

NHW20-battery-06

元あったように新バッテリーを取り付け、上面の固定ステーで車両に固定します。バッテリー側面の排気ホースも新しいものに取り替えます。

NHW20-battery-07

モーター駆動用のバッテリーの廃熱ダクトを元あったように取り付けます。ターミナル部を除き、バッテリー交換時に取り外すボルト、ナット類は○印の箇所になります。

20系プリウスにお取り付けいただけるブライトスターバッテリーについては、20系プリウス用 バッテリーページでご紹介させていただいております。

Sグレード用 M42R/60B20R ¥10,000(税込)

Gグレード用 N55R/75B24R   入荷未定

充電制御車、アイドリングストップ車対応バッテリーの「M42/60B20」は、CCAテスターを用いた実測値でも、他メーカーさんの製品と比べましても申し分の無いスペックです。是非ご検討いただければ幸いです。

ご注文は公式サイトよりお願い申し上げます。

 

 

 

 

-国産車

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.