サンダーエース

サンダーエースのFブレーキキャリパー清掃、ピストン揉み出しをしました

更新日:

今日は、時間が取れたので、仕事の合間にサンダーエースのFブレーキ周りの清掃と、ピストンの揉み出しを行いました。

DSC_0613

先ず、キャリパーをサポートから外し、レンチを挟んでピストンが一番飛び出る状態にしておきます。

前回のキャリパーO/Hからほとんど乗っていないので、ピストンはほとんど汚れていませんが、ピストンの動きを良くするのと、ブレーキフルードの交換、エア抜きが目的です。

DSC_0614

最初に、中性洗剤でピストン周りを水洗いします。歯ブラシで届かないところはピストン廻しでピストンを廻して作業します。

水洗いが終了後、エアで乾かしてピストンに薄くシリコングリスを塗って、ピストン廻しでピストンを廻しながら元の位置に収めていきます(マスターシリンダーに負荷がかからないよう、カップは開けておきます)

DSC_0616

ブレーキフルードを継ぎ足し、何度もブレーキレバーを握り、ブリーダープラグに取り付けたホースから旧くなったブレーキフルードとエアを抜いていきます。

DSC_0615

左右キャリパーで300ccほどでしょうか?他にもクラッチのフルードも一緒に交換、エア抜きしておきました。ここ3年程ほとんど乗っていなかった愛機サンダーエースですが、だんだん絶好調になっていきます(笑)

 

 

 

-サンダーエース

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.