SE44J シグナスX

シグナスX-SR(1YP)のレッグシールドを交換しました

投稿日:

先日、自身の不注意でサイドスタンドが外れてしまい、フロントカウルを傷つけてしまった愛機シグナスですが、部品が届きましたので早速フロントカウルの交換作業をしました。フロントカウル・・・YAMAHAでは「レッグシールド」というようです。

13592750_478226769040097_8584906888047637060_n

純正部品番号 1MS-F8311-00-P0

Dsc_0099

塗装のノリが今ひとつのような気がしないでもありません。

Dsc_0100

早速、フロントカバー、カウル一式を外していきます。NO.2ドライバーとトルクスビット(T25)が必要になります。

Dsc_0102

フロントカバーを外したら、上記画像のプラスネジとナットを外します。

Dsc_0103

レッグシールド全体を前方向に引き抜きます。

Dsc_0104

この状態でライト、LEDのカプラーを外せばレッグシールドはフリーになります。

Dsc_0105

次に、ワッシャー類とライトAssyを新しいほうのレッグシールドに付け替えます。

Dsc_0106

その前に、補強のPP樹脂をニッパーで落としておきます。

Dsc_0107

ライトAssyは6箇所のプラスネジで固定されています。No.1ドライバーが必要になります。

Dsc_0109

ネジの受けも忘れずに付け替えておきます。

Dsc_0110

必要になった工具類です。上から、ネジ受けのクリップを外すのに必要だった「ラジオペンチ」「No.1ドライバー」「No.2ドライバー」「T25トルクス」「ニッパー」です。

Dsc_0111

幸い、安い社外品のようにネジ穴が合わない・・・といったようなことは無く元あったように付け替えることが出来ました。

 

 

 

-SE44J, シグナスX

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.