SE44J シグナスX

シグナスX-SR(SE44J)のセンタースプリング交換

投稿日:

ぼちぼち慣らしも終わったところで、駆動系のセッティングをすることにしました。先ずは、暫定仕様として手持ちのSP武川のキットにある「強化センタースプリング」と「ハイスピードプーリー」を組んでみることにしました。

DSC_1905

何はともあれカバー類をキックペダルを取り外してミッションケースを開けます。

DSC_1906

ドリブンプーリーAssyは、ユニバーサルホルダーで固定し、19mmのソケット(またはメガネレンチ)で外します。アウターを外し、ユニバーサルホルダーと46mmのロクラッチナットレンチでクラッチナットを緩めます。

DSC_1907

ある程度ナットが緩みましたら、たいしたスプリングレートでは無いので、クラッチを膝等で上から押さえ込んでおいてやればナットは取り外すことが出来ます。

DSC_1908

純正のセンタースプリングとSP武川製のセンタースプリングの比較写真です。

DSC_1909

クラッチの取り付け時には、ドライブ側のプーリーも外さなければならないので、SP武川のキットに一緒に同梱されていた「ハイスピードプーリー」とそのウェイトローラー8.5gも一緒に組み込んでみることにしました。

純正よりもプーリーフェイスが一回り大きく、またウェイトローラーの可動範囲も大きくなっています。どうみても高回転側の伸びで最高速を狙うプーリーのようですので、私の目指しているところには合わないように思えるのですが・・・(笑)

まぁ、せっかくですので一応試して見ることにします。

DSC_1910

ドリブン側はVベルトを落とし込んでおく必要がありますので、クラッチホールドツール(125~155mm用)を使用します。

DSC_1911

車両に組み付けていきます。ドリブン側(クラッチ側)のトルクは60N-mだったかな。

DSC_1912

ドライブ側は40N-mだったかな(笑)

取りあえず、ミッションケースを開けたままで試乗してみます・・・が、思った通り、エンジン回転数はぐんぐん上がるもののまったく加速しません。結局、この後ハイスピードプーリーとウェイトローラーは元に戻すことにしました(汗)

駆動系のセッティングは難しいです。

-SE44J, シグナスX

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.