SE44J シグナスX

シグナスX-SR(1YP)のエンジンを降ろしてみました

更新日:

今日は、店頭でのバッテリー交換作業、通販分の発送業務の合間に、エンジンメンテナンスの為に愛機シグナスX-SRのエンジンを車体から降ろす(メインフレームから分離)作業をしてみました。

DSC_1422

手順については、後日このブログで詳しくご紹介させていただこうと思いますが、インジェクション車ですので、キャブ車に比べますとカプラー類の取り外しが多かったように思います。

大まかな手順としましては

  1. メットインボックスを取り外す。
  2. リヤ周りのカバー類を全部取り外す。
  3. カプラー類を抜いておく。
  4. エアクリーナーを取り外す。
  5. マフラーを取り外す。
  6. スロットルボディーを取り外す。
  7. リヤブレーキのケーブルを取り外す。
  8. メインフレームからリヤ周りをAssyで切り離す。

こういった手順になります。普段バイクを弄られる方でしたら、ゆっくり作業しても1~2時間程度かと思います。

DSC_1421

もちろん、センタースタンドごと外れたこの状態で自立することは出来ませんので、アンダーカバー下にはパンタグラフジャッキ、またこれだけでは今ひとつ安定性に欠けるので、万一の為に天井の梁からリヤフレームを釣下げています(笑)

備忘録 オドメーター1,500km

 

-SE44J, シグナスX

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.