店主がバッテリー交換作業等の日常業務を綴ってまいります

自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ

SE44J シグナスX

シグナスX(SE44J)にHID取り付け

更新日:

先日購入したシグナスX-SR(平成25年式)のライトをHIDに交換しましたので、作業手順をご紹介させていただきます。

チョイスしたのはリレーレスの6000KのHID。このモデルはバッテリーが車両後部になりましたので、リレーレスのHIDでしたらバッテリーから配線を取りまわす必要がありませんので簡単に取り付け可能です。

 

最低、用意する工具は・・・

  • プラスドライバー
  • トルクス(T25)レンチ、またはドライバー
  • 10mmのスパナ、またはそれに準じるラチェット等

Img_3995

画像2か所のトルクスネジを外し、ライト上のカウルを前方向にスライドさせるとカウルが外せます。

Img_3996

画像4か所のプラスネジ、10mmボルトを外します。

Img_4000

画像4か所のプラスネジ(左)、トルクスネジ(右)を外します。

Img_4001

画像2か所のプラスネジ(左)、トルクスネジ(右)を外します。

Img_4002

画像2か所のプラスネジ(右)、トルクスネジ(左)を外します。

ここまで外すと、フロントカウルはフリーになりますので、インナーカバー(黒色部分)とのツメを外しながら前方向にカウル全体をスライドさせるようにしてやるとフロントカウル全体が外せます。

Img_4003

フロントカウル全体が外せても、まだライトと左右ポジションのカプラーが計3か所ありますので、これらを外します。すると、ライトごとフロントカウル全体を外すことが出来ます。

IMG_4009

ライト裏のゴムパッキンを外します。

IMG_4016

バルブ固定ピンを持ち上げ、現在装着されてるハロゲンバルブを取り外します。

IMG_4013

HIDは、一度バーナー部分と固定部分を分けてやり、次の順序でライトに取り付けます。

  1. 固定部分をライトに取り付け、ピンで固定する。
  2. ゴムパッキンを取り付ける。
  3. バーナー部分を差し込み回してロックする。

IMG_4018

上記の手順で組み付けるとこのようになります。

Img_4023

バラストは、元からあるこの部分のボルトを利用して取り付けるのが簡単だと思います。後は、カプラーとハーネスをしっかり組み付け、HIDがロー、ハイとも正常に点灯することを確認し、余計な配線をタイラップで取りまわしに配慮して車体に固定します。

IMG_4025

フロントカウルを元あったように取り付けてやれば作業終了です。

 

自動車バッテリー バスケスコーポレーションのトップページに戻る

-SE44J, シグナスX

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.