SE12J シグナスX

シグナスXのバッテリーを交換しました

更新日:

最近の冷え込みで、セルの回りに若干の重さを感じるようになってきましたので、バッテリーを交換することにしました。

 

チョイスしたのは、お気に入りのNBCのGELシリーズ「GEL7A-BS」です。

 

 

私の場合、事務所~店舗(数百メートル)を一日に何度も行き来しますので、走行距離は短いながらも、セルを何度も回しますし、バッテリーにとってはかなり酷な状況です。

 

実際、新車時に装備されてたYUASA製は3年でダメになり、次にチョイスしたyell製品はわずか1年でダメになりました。

 

そのときに、メーカーの営業さんに勧められたのがこのNBCのGELシリーズで、実際、約5年間こういった状況にも関わらずノントラブルでしたが、大事を取って交換することにしました。

 

 

シグナスXは、キーシリンダーの下にバッテリーが装着されてるので、カバーを開けますが、カバーを開けるにはトルクス(盗難防止?)が必要になります。

 

後は、ステー(プラスネジ1本)を外せばバッテリーを引き出すことが出来ます。

 

 

まったく同じ製品に交換です(笑)

 

こういったゲル状のバッテリー(電解液が液体では無いドライタイプ)は、その構造上CCA値が高いことが大きな特長のひとつで、私のように1日に何度もセルを回す等、それにメリットがある使い方には超BINGO!なのですが、余りバイクに乗らない等、バッテリー上がり時の充電作業には専用の充電器(密封型対応の充電器)が必要になりますので、万人向けという訳ではございません。どうぞご注意ください。

 

supprted by 自動車バッテリー バスケスコーポレーション

-SE12J, シグナスX

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.