自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ

店主がバッテリー交換作業等の日常業務を綴ってまいります

自動車バッテリーバスケスコーポレーションの店長ブログ

カングーとBenz W124 のバッテリー交換をしました。

   

最近、天候(ゲリラ豪雨頻発)のせいか、ここにご紹介するような仕事も出来ないでいたのですが、本日はルノーカングーとW124のバッテリー交換をしました。カングー(フェイズⅡ)は当サイトのメインコンテンツでも カングーのバッテリー交換方法としてご案内しておりますのでこちらをご参照くださいませ。

DSC_0187

SMF 575-41 75Ah ¥16,50(税込み)

 

W124(6気筒モデル)では、ブライトスター製品ですと「SMF 575-40」が適合製品となります。当時(80年代終わり~90年代初め)のMB純正(VARTA、HOPPECKE等)バッテリーの容量は66Ahでしたが、近年はカルシウムバッテリーへと進化を遂げそれが従来のローアンチモンにとってかわり主流になりました。同サイズながらおよそ15%の容量アップとCCA値(寒冷地での指導性能を電流値で表記したもの)も大幅にアップしました。

他にもカルシウムバッテリーの特徴としては、減液特性が飛躍的に向上したことがあげられます。昔のローアンチモンバッテリーように定期的に補水液を補充しなければならないようなことはなくなり、補水が必要なくなったことからバッテリーもシールドタイプ(液栓をもたないタイプ)を純正採用する輸入車も多くなってきました。

良いことずくめのカルシウムバッテリーですが、ローアンチモンバッテリーのように経年変化に伴う劣化で電圧の降下が少なく製品寿命直前まで正常にバッテリーとして機能しますので、ユーザー様レベルでの満寿命時の判断がつきにくいことがあげられます。カルシウムバッテリーの劣化の状態を判断するには、負荷電圧テスターやCCAテスターを用いませんとなかなか劣化の状態がわかりませんので、給油ついで(ガソリンスタンド)やお買い物ついで(カー用品店)の際に、バッテリーの無料診断をご利用されると良いと思います。

あ、W124のバッテリー交換、写真撮るの忘れてしまいました・・・(汗)ブログの更新、ちょっとサボってたからかな。。。

 

自動車バッテリーバスケスコーポレーションのトップページへ

 

 

 

 

 - 業務日誌

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

  関連記事

VW ティグアン バッテリー 交換
本日の輸入車のバッテリー交換作業

今日は、朝一のオープン前に昨日充電作業でお預かりしたバッテリーを各テスターにかけ …

G-SHOCKのバッテリー交換をしました(笑)

先日、電池の切れてしまったG-SHOCK(マールボロの懸賞で当たったもの?)裏蓋 …

メーカー仕入れに行ってきました(ベンツバッテリー交換×2)

今日は、朝一で国産車(カローラフィールダー)の取り付けを1台行い、ルーティーンの …

芝刈り機のO/H その3

今日も、昨日の続きで仕事の合間に芝刈り機のオーバーホール作業をしました。先ずは、 …

お盆休みのご案内

バスケスコーポレーションでは、8月17日~8月20日までをお盆休みとさせていただ …

入荷バッテリーの検品と補充電作業をしました

今日は、国産車のバッテリー交換作業と、アストロオーナー様のオルタ点検作業の合間に …

メーカー仕入れに行ってきました

今日は、開店前の朝一でルーティーンのメーカー仕入れに行ってきました。店に戻ってか …

バスコンキャンパーにSMF27MS730×2の取り付け

今日は、シビリアンベースのバスコンのディープサイクルバッテリー(SMF27MS7 …

アルファロメオ155 2.5 V6 のバッテリー交換とオルタ診断をしました

今日は、開店前の時間帯にルーティーンのメーカー仕入れを行いました。 店に戻ってか …

ルーティーンのメーカー仕入れに行って来ました

月初め、月曜日の今日は、降りしきる雨の中、朝一でルーティーンのメーカー仕入れに行 …