店主がバッテリー交換作業等の日常業務を綴ってまいります

自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ

国産車 車種別取り付け方法

クリップ(ファスナー)の外し方 その1

更新日:

前回ご紹介させていただいたように、近年の国産車ではバッテリー交換の際に、エアインテークパイプやカバー類の脱着が伴うケースが増えてきています。

Img_4396

こういったケースでは、エアインテークパイプを一旦外しませんとバッテリー交換作業が出来ません。

Img_4398

こういったスクリュータイプのクリップでしたら、真ん中のスクリュー部分を緩めてから、

Img_4401

外側部分をクリップクランプツールで外すと簡単に引き抜くことが出来ます。

Img_4399

こういったリベットタイプでは、真ん中部分を小さいマイナスドライバー等で少し引き上げてから、先のクリップクランプツールで外側部分を一緒に引き抜くようになります。

Img_4397

取り付けるときは、上の画像のように一旦、内側部分と外側部分を引き離してやり、外側部分を差し込んでから内側部分を締めてやる(差し仕込んでやる)ようにします。

自動車バッテリーバスケスコーポレーションのトップページへ戻る

 

 

-国産車, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.