bentley BMW 車種別取り付け方法

ベントレー コンチネンタルGTCのバッテリー交換をしました

更新日:

今日の輸入車のバッテリー交換作業はBMW320i(E92)のお客様から始まりました。

BMW E92のバッテリー交換

BMW E92 バッテリー交換

今までは、OBDⅡコネクターからバックアップを取って作業をしていましたが、容量アップ製品へのお取替えでしたので、今回から念のためにエンジルーム内のジャンピング用のプラス端子からバックアップを行うことにしました。こちらの方が、OBDⅡコネクターよりも新バッテリーに付け替えたときの電圧や電流の差が小さいように思えるからです。

BMW E92 バッテリー 交換

という訳で、ワンサイズ大きな「SMF 575-41」をお取り付けいただきました。詳しい交換手順については、公式サイトの BMW E90のバッテリー交換方法 をご参考にされてみてください。

SMF 575-41 ¥16,500(税込、工賃サービス)

BMW 525iのバッテリー交換

続いてのお客様は、BMW525i(E60)のお客様です。こちらも、上記のE92と同じ理由(バッテリーの容量アップ)で、エンジンルーム内のプラス端子からバックアップを行いました。BMW車では、しばらくこの方法で様子を見てみようと考えています。

BMW E60 バッテリー 交換

SMF 600-44 100Ah ¥19,900(税込、工賃サービス)

続いてのお客様はベントレーコンチネンタルのお客様です。

ベントレーコンチネンタルGTCのバッテリー交換

このモデルでは、W221のベンツと同じようにエンジン始動用のバッテリーとメインバッテリーが分かれていて、両方ともトランクルーム内にあります。

ベントレー コンチネンタル バッテリー

先ず、運転席足元のOBDⅡコネクターでバックアップを取り、トランクルーム向かって右側(右リヤタイヤ後)のエンジン始動用のバッテリーから交換作業を行います。(こちらの方が楽なので・・・)

ベントレー コンチネンタル バッテリー交換

既に、ブライトスターのSMF 562-20が装着されていましたので、もちろん同じ製品にお取替えいただきました。前回の交換が2009年9月とのことで、お客様には新車時に装着されていた純正バッテリーよりも長持ちしたとお褒めいただきました。

メインバッテリーに比べれば比較的簡単な作業ですが、それでも、画像の赤いハーネスを外しませんとプラスターミナルは外せませんし、バッテリーの固定ボルトもプラスターミナルの真下になりますので、工具でショートさせないように細心の注意をしながらバッテリーの交換作業をする必要があります。

SMF 562-20 62Ah ¥14,000(税込、工賃サービス)

ベントレー コンチネンタル バッテリー交換

続いては、向かって左側のメインバッテリーです。こちらは、バッテリー上のヒューズボックスを外して、一旦バッテリーの脱着スペースを確保しなければなりませんし、プラスターミナルには、ハーネス類のヒュージブルリンクの集束ボックスがありますので、これらを全て外して養生しておく必要があります。また、工具につきましても、インナーカバーやヒューズボックスの取り外しにトリプルスクエアが必要になりますので、ちょっとユーザー様ご自身で・・・という車ではありません。

ベントレー コンチネンタル バッテリー交換

ここまで外して、ようやくバッテリー本体を引き抜くことが出来ます。バッテリー固定ボルトも、エンジン始動用のバッテリーと同様に、プラスターミナルの真下にありますので、工具類がボディーに触れてショートしないように十分に注意しながら作業を行います。

SMF 600-44 100Ah ¥19,900(税込、工賃サービス)

ご注文は公式サイトの ご注文フォームよりお願い申し上げます。

自動車バッテリーバスケスコーポレーションのトップページへ戻る

 

 

-bentley, BMW, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.