VW 車種別取り付け方法

VW ワーゲン タイプⅠ(ビートル)のバッテリー交換をしました

投稿日:

今日は、輸入車ではVWワーゲンタイプⅠ(ビートル)のバッテリー交換作業がありました。

バッテリー搭載位置はリヤシートの下になりますので、始めにリヤシートの座面を取り外しておきます。

DSC_0653

すでに容量アップ製品の62Ahバッテリーが搭載されていましたので、お客様には同じ容量のブライトスターSMF 56220 バッテリーをお取り付けいただきました。

SMF 56220 62Ah ¥14,000(税込、工賃サービス)

1977年式のビートルとのことでしたが、スカイブルーが良く似合うとても綺麗なお車でした。。。

 

自動車バッテリーバスケスコーポレーションのトップページへ戻る

 

-VW, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.