MASERATI 車種別取り付け方法

マセラティ・ギブリS Q4のバッテリー交換をしました

更新日:

今日は、輸入車ではマセラティ・ギブリS Q4のバッテリー交換作業がありました。

マセラティ ギブリS のバッテリー交換

マセラティ ギブリ バッテリー 交換

最初に運転席足元のOBDⅡコネクターでバックアップを取っておきますが、このギブリも、最近のイタ車全般に言えることではありますが、バッテリー周りが集束ハーネスになっていて、メインハーネスをバッテリー交換の際に切り離す必要がありますので、バックアップはOBDⅡ、またはエンジンルーム内のプラス電源と、場合によって考慮する必要があると思います。

マセラティ ギブリ バッテリー 交換

バッテリー搭載位置はトランクルームのスペアタイヤ横のカバー内になります。

マセラティ ギブリ バッテリー交換

画像の見える範囲で作業手順を説明させていただきますと・・・

  1. スペアタイヤを降ろす。
  2. バッテリーベルトを外す為、2箇所のプッシュリベットを外す。
  3. コネクターとマイナスターミナルを外す。
  4. プラスターミナルを緩め、2か所のビスを外して集束ハーネスのボックス部をバッテリー本体から切り離す。
  5. メインハーネスを集束ハーネスから切り離す。
  6. ホールドダウン部のバッテリー固定ステーを外す。

マセラティ ギブリ バッテリー交換

バッテリー本体が固定されているのは、上記の画像の○印の箇所と・・・

マセラティ ギブリ バッテリー交換

マイナスターミナル下でベルトで巻かれている、この2か所です。

マセラティ ギブリ バッテリー 交換

このベルトを外すには、スペアタイヤを一旦下ろして2箇所のプッシュリベットを外し、カバーをめくりあげておきます。

マセラティ ギブリ バッテリー 交換

マイナスターミナルは、赤いツメ部分を引っ張ってやるとハーネスがターミナルから外れます。その後、ターミナルをバッテリーポールから取り外します。

マセラティ ギブリ バッテリー交換

マイナスターミナル側の短側面には排気ホースがありますので、これもバッテリー本体から引き抜いておきます。これで旧バッテリーは手前方向に引き抜けるようになります。

マセラティ ギブリ バッテリー交換

旧バッテリーを取り外したところです。

マセラティ ギブリ バッテリー 交換

後は逆の手順で新バッテリーを車に取り付け、スペアタイヤ、カバー類を元合ったように取り付けてやればバッテリー交換作業は終了です。

マセラティ ギブリ バッテリー交換

新車登録時から約2年間、走行距離11,000kmでのバッテリートラブルでしたので、旧バッテリーをテスター(バッテリー診断機)にかけさせていただきました。結果、1セル死んでる(バッテリー不良)ときの典型的な数値ですので、残念ですがバッテリー寿命やバッテリー上がりではなく「バッテリー不良」で間違い無いようです。

Brite Star AGM 92-L5 ¥35,000(税込)工賃¥3,240(税込)

通販のご注文は、公式サイトの ご注文フォームよりお願い申し上げます。また、ご来店のご予約は、こちらのページの要領でご予約をお願い申し上げます。

 

-MASERATI, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.