AMG 車種別取り付け方法

AMG G55(W463)のバッテリー交換をしました

更新日:

今日は、輸入車ではAMG G55(W463)のバッテリー交換作業がありました。

基本的なスタイルと構造の変らないGクラスですが、バッテリー搭載位置は年式によって変更を受けていまして、それぞれ以下のように区別しています。

前期型(90年代前半)エンジンルーム内

中期型(90年代後半)左リヤフェンダー内

後期型(2001年以降)リヤシート足元のフロア内

AMG G55のバッテリー交換

今日のお客様は後期型でリヤシート足元のフロア内にバッテリーが搭載されるモデルとなります。

G55 バッテリー交換

バッテリー本体はセンターフロア内に搭載されます。先ず、フロアカバーを外すのですが、運転席、助手席を一番前にしておく必要があります。また、背もたれも前側に倒して置くとバッテリー本体を引き抜きやすくなります。

AMG G55 バッテリー交換

バッテリー交換作業自体は、国産車と同じようにバッテリー上面の固定ステーで固定されるような固定方法ですので、工具も10mmのソケットがあれば事足りますし、比較的簡単にバッテリー交換の出来る車のひとつです。詳しくは公式サイトのベンツゲレンデのバッテリー交換方法をご参考にしていただければ幸いです。

Brite Star SMF 60044 100Ah ¥19,900(税込、工賃サービス)

-AMG, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.