店主がバッテリー交換作業等の日常業務を綴ってまいります

自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ

VW 業務日誌 車種別取り付け方法

VW ポロGTI(6R)のバッテリー交換をしました

投稿日:

今日は、ポロ(6R)のバッテリー交換作業から始まりました。GTIグレードでしたので、他のグレードとは異なりバッテリーはトランクフロアに搭載されています。その搭載スペース(スペアタイヤの真ん中に入る大きさ)為か、他のモデルよりもワンサイズ小さなバッテリーとなります。

polo_6R_gti_01

差し当たって特に難しい作業と言う訳ではありませんが、バッテリー交換の際に外さなければいけないパーツ、カバー類が多くありますので、近日中に公式サイトにてページを作成してご案内させていただこうと考えております。

polo_6R_gti_06

SMF 550-66 50Ah ¥13,500(税込、工賃サービス)

 

他、輸入車ではポルシエボクスターS(ここのところボクスターのお客様が多いです・・・)と、今ではめっきり見かけることが少なくなったゴルフⅢのお客様のご来店バッテリー交換作業がありました。

boxstar

ボクスターS用 SMF 580-45 80AH ¥18,000(税込、工賃サービス)

 

golf_3

ゴルフⅢでは、お客様(リピーターのお客様です)自らバッテリー交換作業をされたいとのお申し出でしたので、ベースホルダーのアダプター(当時のVW車はバッテリー台座が19mmなので必要になります)をバッテリーと一緒にお渡しして作業を見守らせていただきました。今まで装着されてたバッテリー(SMF 562-19は、前の前のモデルですので、丸10年間はお使いただいたことになります(汗)

 

輸入車ではありませんが、ハイエースベースのキャンピングカーのサブバッテリーの容量アップ製品のお取り付け作業もあったのですが、装着スペース(ベッド下)に余裕があったので、バッテリー固定ステーの取り付け位置と配線類の取り回しを若干加工して、SMF31MS-830×2をお取り付けいただきました。

smf31ms-830_00

その際、上記写真のように並列接続のケーブルが心もとない太さと接続方法でしたので、それをお客様にご指摘して、ターミナルと接続ケーブルの改良をご提案させていただきました。

 

自動車バッテリーバスケスコーポレーションのトップページへ戻る

 

 

 

-VW, 業務日誌, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.