業務日誌

芝刈り機のベアリング交換

更新日:

昨日の野球で、グランド整備用の芝刈り機(FL-500B)のナイフテンショナーのベアリングが破損してしまいましたので、破損個所の部品を持って帰ってきました。この前のオーバーホール時には手をつけなかった部分です(涙)

DSC_1433

早速、テンショナーに残ってしまったベアリングの残骸をプーラーで取り外します。内径、外径をノギスで測定したところ、内径17mm、外径40mmでした。これらの径が同じであれば社外品でも大丈夫なことは前回のO/H時に確認済みですので、松戸のT機械に行ってベアリングを調達してきます。テンショナーのベルトあたり面は、耐水ペーパーで綺麗に磨いておきます。

DSC_1434

前回のO/H時に万力を破損させてしまったので、ベアリングの圧入には同じくらいの大きさのソケットを使ってテンショナーに圧入しました。

DSC_1435

各々、スナップリングで固定して作業終了です。駆動系のオーバーホールは、これでほぼ終了ですが、旧い芝刈り機ですし、次はいったいどこが壊れてしまうのだろうか・・・(汗)

Dsc_1463

ベアリング代金¥830(消費税込み)

 

-業務日誌

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.