Benz 車種別取り付け方法

ベンツV350(W639)のバッテリー交換をしました

投稿日:

今日は、輸入車ではベンツV350(W639)のバッテリー交換作業がありました。バッテリー搭載位置は先代のW638と同じ助手席のシート下ですが、バッテリーの交換方法については劇的に改善されました。

ご参考までに・・・ベンツVクラス(W638)のバッテリー交換方法

ベンツV350(W639)のバッテリー交換

Dsc_2461

はじめに、助手席を一番前の一番上の状態にして作業空間を確保しておきます。背もたれも少し前側に倒しておくと作業しやすいと思います。バッテリ本体は助手席下の横のカバーを外してサービスホールから引く抜くようになります。

Dsc_2462

バッテリー本体が車両に固定されているのは、画像の黒い固定金具だけです。この固定金具とマイナスターミナルを外し、排気ホースを抜いておきます。

Dsc_2464

このままではプラスターミナルにアクセス出来ませんので、プラスターミナルのボルトを緩められるところまで、助手席下のサービスホールからバッテリー本体を引き出しておきます。

Dsc_2465

画像は、バッテリー本体を取り出したところです。同じように新バッテリーを取り付けていきます。

Dsc_2467

ある程度バッテリー本体を入れたところでプラスターミナルを取り付けておきます。

Dsc_2468

マイナスターミナル、固定金具、排気ホースを元あったように取り付けます。

ベンツ V350 バッテリー交換

シート下のカバーを元あったように取り付ければ作業終了です。

Brite Star SMF 60044 100Ah ¥19,900(税込、工賃サービス)

-Benz, 車種別取り付け方法

Copyright© 自動車バッテリー バスケスコーポレーションの店長ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.